サイト内検索

自立支援医療(更生医療)

更新日: ページ番号:000513

身体障がい者の更生に必要な医療であって、障がいを軽くしたり、機能を回復することができるような医療を国または都道府県が指定する医療機関で受けられます。(心臓手術、血液透析治療、角膜手術、関節形成手術、腎移植手術など)

ただし、この制度を利用する場合、埼玉県総合リハビリテー ションセンターの判定が必要となります。

なお、原則として医療費の自己負担は1割となります。世帯の所得水準により1か月当たりの負担に上限が設定されています。

このページの目次

    対象者

    18歳以上の身体障害者手帳の交付を受けている方 

    申請に必要なもの

    1. 身体障害者手帳
    2. 医師意見書(用紙は役場にあります。) 
    3. 印鑑
    4. 健康保険証
      (助成を受ける方の加入している健康保険証の世帯全員分) 
    5. 所得の状況を確認できるもの  
      (直近の1月1日現在、横瀬町在住で住民税の確定申告がされている方は、同意書でも可。)
    6. 申請者の個人番号がわかるもの(個人番号カード、通知カード等)

    ※代理人による申請の場合は、委任状が必要です。