サイト内検索

児童手当

更新日: ページ番号:000254

この制度は、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。出生や転入時に、申請をしてください。
なお、平成28年1月から、マイナンバー(社会保障・税番号)制度がはじまり、申請時に個人番号の記入と本人確認が必要となります。
●その他に受けられる子育てに関する助成金を調べる

このページの目次

    支給対象者

    横瀬町に住民登録があり、中学校修了(15歳年度末)までの子どもを養育している方で次の支給要件を満たしている方

    • 児童が国内に居住している。(留学を除く)
    • 児童が児童養護施設に入所、里親に委託されていない。

    ※父も母も児童を養育している場合には、生計を維持する程度の高い方(一般的には所得の高い方)が申請者となります。

    支給月額

    年齢要件等 月額
    3歳未満(一律) 15,000円
    3歳以上小学校修了前(第1,2子) 10,000円
    3歳以上小学校修了前(第3子以降) 15,000円
    特例給付   5,000円

    ※養育する児童の数え方については、18歳に達する日以後、最初の3月31日までの間にある児童のうち、年長者から第1子、第2子と数えます。

    所得制限

    申請者の所得が下表の所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

    扶養親族等の数 所得制限限度額
    0人 622万円
    1人 660万円
    2人 698万円
    3人 736万円

    申請に必要なもの

    • 印鑑
    • 申請者の健康保険証
    • 申請者本人名義の口座番号が確認できるもの(通帳、キャッシュカード等)
    • 個人番号が確認できるもの(個人番号カード、通知カードなど)
    • 単身赴任など、子どもと別居している方は、別居中の子どもの個人番号

    ※ 子どもが外国に居住している方は、他に必要な書類がありますので、お問い合わせください。

    申請後について

    受給資格・所得などを審査し、認定されましたら、認定通知書を送付いたします。
    手当は申請日の翌月分から支給します。
    ただし、出生日や転入日など、異動日の翌日から15日以内に申請であれば、異動日の翌月分から支給します。

    手当は年3回、6月(2~5月分)、10月(6~9月分)、2月(10~1月分)の15日(15日が休日の場合、直前の平日)に4か月分までを支払います。

    児童手当を引き続き受けるためには毎年6月に現況届の提出が必要です。
    詳しくはこちらをご覧ください。

    住所を変更した、口座を変更した等、状況に変更が生じたときは、届出が必要になりますので、子育て支援課にお問い合わせください。

    様式