本文へジャンプ
トップページ  > 組織別一覧  > 横瀬町の町章・花・木・鳥

横瀬町の町章


 

プロフィール

横瀬町は、埼玉県の西部、秩父地方の南東部にあって都心から70km圏内に位置しています。町域は東西8.2km、南北9km、総面積49.49km2で、東は飯能市、西北部は秩父市に隣接しています。

気候は、山地に囲まれた盆地であるため寒暖の差が比較的大きいものの、四季を通じて概ね穏やかです。

主要道路及び鉄道は、国道299号と西武鉄道秩父線が東西に走っており、秩父線は横瀬・芦ヶ久保の2駅が設置されていて、通勤・通学の足として、また秩父地方の東の玄関口としての機能を果たしています。

産業は、農林業が中心で、とりわけ果樹を主体とする観光農業が活発です。また、豊かな森林資源と雄大な自然景観、そして札所をはじめとする歴史的な文化遺産も多数有しており、首都近郊の観光地としても知られています。

横瀬町民憲章

わたくしたちは、豊かな自然と歴史・風土に恵まれた横瀬町民であることに誇りをもち、お互いの幸せと平和を願い、明るく住みよい希望に満ちた未来を築くために、この憲章を定めます。

一. 自然を愛し 環境をととのえ 住みよい町をつくりましょう

一. 健康で 心ふれ合う 明るい町をつくりましょう

一. 仕事に励み 産業を伸ばし 豊かな町をつくりましょう

一. きまりを守り 人権を重んじ 平和な町をつくりましょう

一. 歴史を尊び 教養を高め 文化の町をつくりましょう

(平成元年12月14日制定)

横瀬町の花・木・鳥

 

     
     
町の鳥「カワセミ」 町の木「もみじ」 町の花「ちちぶいわざくら」