本文へジャンプ
トップページ  > くらしの情報  > 障害者手帳

身体障害者手帳

 身体障害者手帳は、からだに障がいがあり、その障がいが固定(障がいによっては、発症から概ね6ヶ月以上の経過が必要)された方を対象として、申請に基づいて県知事が交付します。
 その程度は、1級から6級に区分されています。

対象

 視覚(視力の低下・視野が狭い)、聴覚(耳が聞こえない・聞こえづらい)、 音声・言語・そしゃく(話すことができない)、肢体不自由(身体の一部が欠けている、または不自由)、内部(心臓・腎臓・呼吸器・直腸・膀胱・小腸・肝臓・免疫) などの身体的に障がいがある方が対象となります。

申請書類等

  1. 身体障害者手帳交付等申請(届)書(役場にあります。)
  2. 診断書(障害の部位により様式が異なります。)
  3. 印鑑

交付手続き

  1. 写真(大きさ : 縦 4 cm × 横 3 cm ・ 正面脱帽で6ヶ月以内のもの)
  2. 印鑑

再交付

  1. 障がいが重くなったり、追加があったときは、新規申請と同様に指定医師の診断書が必要です。 身体障害者手帳、診断書、印鑑を持って申し出てください。
  2. 手帳の紛失・破損など再交付が必要な場合は、写真(大きさ:縦4cm×横3cm・ 正面脱帽で6ヶ月以内に撮影したもの)、印鑑を持って申し出てください。

再認定

 手帳に再認定の時期が明記されているときは、その期日前に障害程度の再判定が必要です。 身体障害者手帳、診断書、印鑑を持って申し出てください。

住所変更と返還

 住所が変更になったときは変更届が必要です。
 また、手帳が必要でなくなったとき(死亡等)は速やかに返還ください。町外に転出される場合は転出先の市町村担当課で手続きしてください。 身体障害者手帳、印鑑を持って申し出てください。

お問い合わせ

健康づくり課
TEL 25-0116 FAX 21-5155
E-mail kenkou@town.yokoze.saitama.jp