本文へジャンプ
トップページ  > くらしの情報  > 後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度

 「後期高齢者医療制度」は、埼玉県内すべての市町村で構成する「埼玉県後期高齢者医療広域連合」が運営し、保険料の決定、保険証の交付や医療費の給付を行います。

 町では、保険料の徴収、各種申請・届出の受付、保険証の引き渡しなどの窓口業務を行います。

 

被保険者

  • 75歳以上の方(生活保護受給者等を除く)
  • 65歳以上75歳未満で一定の障がいのある方で広域連合の認定を受けた方

 

医療機関等の窓口で支払う自己負担の割合

  • 一般        1割
  • 現役並み所得者   3割

 

受けられる主な給付

 後期高齢者医療制度では、病気やけがの治療を受けたとき、入院したときの食事代、コルセットなどの補装具を作った費用などの給付を受けられます。

 また、1カ月の医療費の自己負担額が限度額を超えたときは、超えた額が高額療養費として支給されます。

 入院中の食事にかかる費用のうち、一部(標準負担額)を被保険者の方々に負担していただき、残りを入院時食事(生活)療養費として後期高齢者医療制度が負担します。住民税非課税世帯の方は、入院の際に標準負担額が軽減される制度があります。「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので申請してください。

 

保険料

  • 保険料の算定は、埼玉県後期高齢者医療広域連合が行います。
  • 保険料は、被保険者お一人ごとに計算されます。
  • 保険料の内訳としては、均等割(被保険者全員が均等に負担する部分)と所得割(被保険者の所得に応じて負担する分)に分かれます。

  平成28・29年度の保険料率

        均等割の額 42,070円
        所得割の率   8.34%

  • 均等割の軽減:同じ世帯の被保険者と世帯主の所得金額が一定基準額以下の場合9割・8.5割・5割・2割軽減の措置があります。
  • 年間の保険料額については上限が定められており、その額は57万円です。
  • 年間18万円以上の年金を受け取っている方は、原則として年金から保険料が天引きされます(特別徴収)。それ以外の方は、納付者や口座振替で個別に納めます(普通徴収)。

 

葬祭費の支給

 被保険者が亡くなられたとき、その葬祭を行った方に5万円が支給されます。

  • 葬祭を行った証明書類(会葬礼状、領収書等)
  • 亡くなられた方の保険証
  • 葬祭を行った方(施主)の印鑑
  • 葬祭を行った方(施主)の振込先口座がわかるもの(通帳等)

 

人間ドックの助成

 人間ドックの受検者に対し、検査費の一部を補助を行っています。

補助金額

 

1人年1回 25,000円以内

持参するもの

 

 被保険者証

検査機関

 

指定検査機関 電話番号
国保町立小鹿野中央病院 72-7510
秩父病院

22-3023

秩父生協病院 23-1300
秩父第一病院 25-0311
皆野病院 62-6300
埼玉医科大学病院 049-276-1550

※指定検査機関以外の検査機関で受検を希望する方は、受検内容を明らかにする資料を持参し申請してください。

 

お問い合わせ

いきいき町民課 医療グループ
TEL 25-0115 FAX 21-5155
E-mail choumin@town.yokoze.saitama.jp