本文へジャンプ
トップページ  > くらしの情報  > 固定資産税

固定資産税

固定資産税を納める人(納税義務者)

 賦課期日(1月1日)現在、横瀬町内にある固定資産(土地、家屋及び償却資産)の所有者に課税されます。

 土地・家屋の所有者は登記簿又は固定資産補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている方、償却資産の所有者は償却資産課税台帳に所有者として登録されている方です。

※所有者として登記されている方が賦課期日前に死亡している場合には、賦課期日現在で、その土地、家屋を現に所有している方(相続人等)が納税義務者となります。

固定資産税の計算方法

 固定資産を評価基準に従い評価した上で価格を決定し、その価格をもとに課税標準額を算定します。

 算定された課税標準額に税率(1.4%)を乗じた額が税額となります。

課税標準額

 原則として、固定資産課税台帳に登録された価格が課税標準額となります。しかし、住宅用地のように課税標準の特例措置が適用される場合や、土地について税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は価格よりも低く算定されます。

免税点

 町内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が下記の金額に満たない場合は、課税されません。

 

土地
30万円
家屋
20万円
償却資産
150万円

 

納付方法

 原則、年4回(5、7、12、2月)の納期に分けて、納付書又は口座振替で納めていただきます。

届出や申告(主なもの)

償却資産申告

 償却資産(事業用の構築物、機械・装置、車両、運搬具、工具・器具、備品等)は、所有者に申告が義務づけられています。毎年1月1日現在の資産の状況を1月31日までに申告してください。

家屋滅失届

 家屋を取り壊した場合は、税務会計課に届け出てください。特に未登記の物件の場合は、正確な課税ができないおそれがあります。

未登記物件所有者異動申告書

 未登記の家屋について、所有者を変更した場合に申告をお願いします。

土地、家屋価格等縦覧について

 土地又は家屋に対して課する固定資産税の納税者が、自己の土地又は家屋の価格と町内の他の土地又は家屋の価格とを比較することができるよう、価格の縦覧制度が整えられています。

 縦覧期間等はあらかじめ公示されます。(原則として、その年度の4月1日から第1期の納期限まで。)

不服申立について

 固定資産の価格について不服がある場合は、町長に対する審査請求ではなく固定資産評価審査委員会(事務局:役場総務課)に対する審査の申出となります。

 

お問い合わせ

税務会計課 資産税グループ

TEL25-0113 FAX23-9349
E-mail zeikai@town.yokoze.saitama.jp