家畜伝染病
本文へジャンプ
トップページ  > 組織別一覧  > 家畜伝染病予防法に基づく定期報告について

家畜伝染病予防法に基づく定期報告について

 

  家畜の病気の発生やまん延を防ぐため、家畜伝染病予防法が改正され、家畜などの動物を所有する方は、毎年2月1日現在の飼育頭羽数等を都道府県知事へ報告することが義務化されました。

 

報告が必要な動物について

 牛、水牛、馬、豚、ミニブタ、いのしし、めん洋、山羊、鹿、鶏、うずら、あひる、アイガモ、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥

 

※犬、猫、うさぎ、インコ等は、報告の対象となりません。

 

報告方法

 報告書の様式に必要事項を記入のうえ、「熊谷家畜保健衛生所」に郵送かFAXで提出してください。

 

報告書について

 報告書の様式は

 にあります。

 詳しくは

 または、下記までお問い合わせください。

 

お問い合わせ

熊谷家畜保健衛生所

〒360-0813  熊谷市円光1-8-30

TEL048-521-1274  FAX048-526-1063

E-mail k211274@pref.saitama.lg.jp

 

振興課 農林グループ

TEL25-0114 FAX23-9349

E-mail shinkou@town.yokoze.saitama.jp