本文へジャンプ
トップページ  > 組織別一覧 > 母子保健グループ > 高齢者肺炎球菌

高齢者肺炎球菌

 肺炎は、日本人の死因第3位であり、死亡者の95%以上が65歳以上の方です。肺炎で一番多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や重症化を防ぐことが期待されます。

対象者

 65歳 昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生
 70歳 昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生
 75歳 昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生
 80歳 昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生
 85歳 昭和 7年4月2日~昭和 8年4月1日生
 90歳 昭和   2年4月2日~昭和   3年4月1日生
 95歳 大正11年4月2日~大正12年4月1日生
100歳 大正 6年4月2日~大正 7年4月1日生
60歳以上65歳未満の心臓や腎臓、呼吸器に重い病気のある方等で、日常生活が極度に制限される程度(身体障害者手帳1級程度)の障がいのある方

※既に高齢者肺炎球菌予防接種がお済みの方は対象外となります。

※平成30年度までは、該当年度に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・100歳の方が対象になります。 

接種回数

1回(一生涯)

予診票の配布について

 

 予診票の配布は子育て支援課窓口で行います。

 接種を希望される方は、身分証明書(健康保険証、運転免許証等)を持参し健康づくり課へお越しください。

接種費用

2,500円(助成額5,500円)

※生活保護世帯、中国残留邦人等支援給付者の方は、接種費用は,無料となります。医療機関の窓口で受給証をご提示ください。

個別予防接種受託医療機関

健康カレンダー

お問い合わせ

子育て支援課 母子保健グループ
TEL25-0110 FAX21-5155
E-mail kosodate@town.yokoze.saitama.jp